• ホーム
  • 会社概要
  • ショッピングガイド
  • かいものかご
  • 注文照会
  • お問い合わせ


女性の初心者の方に


別ページの初心者の方へでもお書きしましたように、
まず必要なのが「社交ダンスシューズ」です。

●ダンスシューズのご選択
 

ダンスシューズはお洒落のために履くというイメージがありますが、
「運動として社交ダンスを踊るのに最低限必要なアイテム」として
選んで頂きたいと思います。
 

使いやすいのは、兼用シューズ(どんな種目でも踊れる靴)か、
普通のパンプス型のスタンダードシューズ※です。

(※「モダンシューズ」と呼ばれることもあります。)


●お勧めのダンスシューズは・・・

 

ケント パーティーシューズ セグエ
ライトオーク

その他の兼用シューズに移動

 

セキネ スタンダード ベーシック シューズ

セキネ スタンダード シューズ(牛革)
「シルバーグレー」

その他のスタンダードシューズに移動

 
 

シューズの大分類は「兼用」「スタンダード」「ラテン」シューズとなります。

ラテンシューズはつま先の大きく開いたサンダル型ですので、
これでワルツなどはとても踊りにくいものです。

特に初心者の女性は間違って足を出し、男性に踏まれて
爪を怪我をする可能性も高いですから、

ラテンシューズでスタンダードを踊るのはお勧めはしておりません。
 

兼用シューズでしたら、つま先の開きも小さいですから
(全く開いていないタイプもありますが) 安心です。

逆にスタンダードシューズでラテンを踊れるかという問題ですが、
初心者のラテンのレッスンではまずは問題がないと思われます。

ベルト付のシューズでしたら、足をしっかり押さえますので
少しくらいのラテンでしたら踊れます。
 

ただし、お教室で最初からより高度な専門的な踊りを習う方は、
モダン・ラテン専用のシューズを1足ずつお求めになることをお勧めします。
 

兼用シューズというのは両方踊れますが、それぞれの専用シューズと
性能を比較することは出来ません。

よく言えば、何でも適度に踊れますが、悪く言えば(専門的な
踊りをするには)中途半端な靴です。


★色について

大体の方は、黒・ベージュなどの落ち着いた色を選ばれます。
 

個性的な色では目立つのが恥ずかしく、またダンスウェアにも
合わせづらいというのが理由です。
 

ただ、ダンスは楽しく踊るもので、美しいシューズを履いて踊れば
また楽しみも増すものです。

お好みで、華やかな色のシューズを履かれるのもよいかもしれません。

個人的には、私はセキネの「サティーベージュ」のスタンダードシューズが好きです。

革が大変柔らかく(高級なイタリア産山羊革使用)足指が自由に使えますし
肌色に近いですから、ほとんどのダンスウェアに合わせられます。(by 店長)


★ヒールの高さについて
 

初心者の方には5〜6cmヒールがお勧めです。
 (いつもぺったんこの靴を履いておいでの方は3〜4cmヒールがお勧めです。)
 

フレンド 兼用シューズ(牛革)
「黒メタリック」
 3.5cmヒール

その他のローヒールシューズに移動

 
普段からハイヒールを履かれている方には7cmでもよいのですが、
ローヒールを履かれている方が急に7cmをお履きになりますと不安定です。
一般的には7cmヒールの方が足が綺麗に見えます。 
それにヒールを使うターンもうまくいきます。
 
少し慣れていらっしゃったら、7cmに切り替えてはいかがでしょうか?


★ダンスシューズのサイズについて
 
パンプス型のスタンダードシューズは基本的には、
普段お履きのシューズと同じです。
 
サンダル型のラテンシューズはスタンダードシューズよりも
半サイズ小さ目がお勧めです。
理由は、サンダル型はつま先が前に出ますので、小さめのほうが都合がよいのです。
 

 
ただ、甲高やかなり肉付きのよい方は前にずれにくいので、パンプス型と同じサイズ
(長さ)でも構いません。
またダンスシューズは一般的な靴よりもぴったり目に作られているため、初めての方は
「こんなにぴったりでよいのですか?」とご質問になることがあります。
その時は、「足を入れた時、ぴったりフィットしているけれど、どこもあたる箇所はなく、
 痛くない」という感じなら大丈夫ですとお答えしています。
感覚はお客様によってまちまちですが、先端には若干のゆとりがあり、あとはぴたっと
 フィットしているというのが1番よいようです。
(「もっと上のサイズで最初からゆとりのありすぎるもの」をとおっしゃる方もおいでですが、
 革の柔らかいダンスシューズは、後で伸びますので、足が靴の中で泳いでしまいます。)
※その場合は、中敷で調整します。足腰の痛い方は、初めから大き目をお求めになり、
 中敷を入れる方も(中には)おいでになります。

(女性用の前半分の中敷)
 
ちなみに、小さくて痛いのに、伸びるから大丈夫・・・というのは、お勧めしかねます。
 足の丈夫な方なら確かに大丈夫かもしれませんが、足指を痛める可能性があります。
規格品でしたら、規約に基づきサイズ交換をしておりますから、無理に履かれずに
 まずはご一報下さい。
尚、お試し履きに適している時間は午後2時前後です。
 足の形が小さからず、大きからず1番自然な状態です。
 
●ダンスウェアのご選択

 

レッスンで先生に足をよく見ていただけるのが、
パンツか短めのスカートです。
 

短いといっても、ロングまで行かない少し短め丈のスカートで十分です。
 

ミニスカートはラテンでは可愛いですが、スタンダードで足を大きく広げる時に不都合ですから、膝丈くらいのシンプルな形のものをお勧めします。
 

色は黒が無難です。

皆が履いている色なので、周りから浮かず安心ですし、それにコーディネートしやすい色です。
 

色が黒のスカートというのは、安いものから色々ありますが、 シンプルなだけに 「素材の良し悪し」が目立ちます。

その点、右の商品は縫製も丁寧、上質素材で安心です。

シンプルな黒スカート


 

ちなみに、「安いもの」というのは・・・

レッスン用スカートの在庫処分品を、姉妹サイトありすで販売しております。
⇒商品ページに移動
 

※国産品ではありませんので、上のスカートと比較すると、「続けるか分からないので、とりあえず」とか「数多く」とかをご希望の方にご案内致します。
 

このような黒のスカートに、お手持ちのお洒落なTシャツをお召しになれば、とりあえずレッスンウェアの出来上がりです。



●その他準備すること・・・習われる前に一度実際の雰囲気を見学なさるのもお勧めです。
 
 


★ページ上に戻る