• ホーム
  • 会社概要
  • ショッピングガイド
  • かいものかご
  • 注文照会
  • お問い合わせ


ジュリエット外反母趾シューズ特徴
(サテンと革共通)

■シューズ内側の工夫

1.土踏まず部 

(人差し指の所) 適度な堅さのクッションがあり、踊る度に足裏を刺激します。
(土踏まず、その他、標準的な足の凹凸に合わせてクッションが入っています。)
これはドイツの名門FAGUS社の「はだし靴型」(BOWLHEEL LAST技術)とドイツEMSOLD社の「フットヘッド成型技術」の粋を集めた機能があります。

2.ベロッティー部 (人差し指の所)

 ここには、東洋医学で言う血行を良くし、内臓(心臓・腎臓)の働きを良くするツボがあります。
ちょうどこの部分がふっくらと盛り上がっています。 足が前にずれるのが防止され、その結果親指が靴の内側によって圧迫される事も軽減します。
特に甲が薄く前にずれてしまう方には、嬉しい機能です。


■シューズ外側から見た特徴


1.底面  

  中心線が、従来の靴より内側に振れていますので、親指に対する圧迫感が減ります。
また、先もやや丸みを持ったフォルムなのでつま先をきゅっと締めつけるような圧迫感は少なくなります。
かなり底面積自体が広い感じで、安定します。
よくシューズの側面を底にしてしまう幅広の靴がありますがそれとは本質的に異なります。


2.先端部   中心線が内側に振れているのに、外側から見ても、すっきりした形になっています。 外反母趾の競技選手がこれを履いて踊るというのも納得できるおしゃれさです。
親指が靴の中で伸ばせる感じがするので長時間踊っても足指が痛くなりにくいのが特長です。
甲は割と深めで、足をしっかりホールドします。


3.ベルト部   いちいち、ベルトを通さなくとも一回長さを決めれば、あとは締めたままで履けます。


 重要!! ベルトの締め方はジュリエット ベルトの締め方をクリックしてください。
このベルトがあることにより、足裏がしっかり靴に固定され動きやすくなっています。


4.ヒール部   プラスチックの化粧の下に、最初から革が貼ってありますので、ソフトで滑らず、フロアに傷をつけないようになっています。 ヒールカバーは不要です。 付けるとかえってぐらつくのでお勧めしません。 ヒールカバーご希望の方は、前もってお知らせ下さい。 それ用のシューズをお送り致します。(オーダー品です。)





★ページ上に戻る